地域の総合建設会社、全国対応のコンクリート補修補強専門会社

一般事業主行動計画

計画内容

策定 平成27年4月1日

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。
1.計画期間   平成27年4月1日から 平成32年 3月31日までの 5年間
2.内  容   目標1~目標5
目標1:子を持つ社員あるいは介護を要する扶養者を持つ社員が、仕事と子育てあるいは介護を両立できるように支援を実施する。

<対  策>
平成27年 4月~ 育児・介護支援制度として制度内容を検討する。
平成27年 7月~ 育児休業あるいは介護休業に入る前に、役員もしくは総務部と、復帰後の業務について相談する場を設ける。
平成28年 4月~ 小学校就学前の子を持つ社員に、希望する場合に利用できる短時間勤務制度を周知する。

目標2:仕事とプライベートの区分を明確化して各々を充実させるために、年次有給休暇の利用促進を図る。

<対  策>
平成27年 4月~ 全社員に対して、取得申請するにあたっての問題点を聞き取りする。
平成27年 7月~ 取得希望者からの行使予定時期を事前聴収する。
平成27年 9月~ これを一覧表に取りまとめ、全社員の取得希望時期及び日数を把握し、業務への障害が発生しないよう調整する。

目標3:次世代育成支援対策にかかわる地元中高生のインターシップを実施し、若年層の建設産業界に対する認知度を深める。

<対  策>
平成27年 4月~ 受入体制についての内容を役員及び管理職にて検討する。
平成27年 5月~ 各大学、高校、中学校のインターシップの窓口へ受入可能の意思表示を行う。
平成27年 5月~ 申し込みがあった教育機関(対象学校)と内容を協議する。
平成27年 6月~ 見学等の受け入れを開始する。

目標4:社員相互のコミュニケーションを円滑にするために、コミュニケーションの促進を支援する。

<対  策>
平成27年 4月~ コミュニケーション促進支援制度として制度内容を検討する。
平成27年 7月~ 複数の社員が同じ目的をもって行う福利厚生にかかわる活動に対して支援を実施する。

目標5:社員が取り組む地域活動を支援する。

<対  策>
平成27年 4月~ 地域貢献業務制度として制度内容を検討する。
平成27年 7月~ 主な地域活動として、①消防団にかかわる活動、②文化活動にかかわる活動(指導)、③スポーツ活動にかかわる活動(指導)を業務として認める。
 

社内支援制度

1.資格取得支援及び更新支援制度

社員の能力向上や自己啓発の促進を目的とする公的資格取得に関する支援制度です。

2.コミュニケーション促進支援制度

社員相互のコミュニケーションを円滑にし、業務遂行能力を向上させることを目的に設ける支援制度の一つとして、社員のコミュニケーション向上に資する活動を支援する制度に係る

3.地域貢献活動支援制度

弊社が地域貢献活動を実践することを目的に設ける支援制度の一つとして、社員の地域貢献活動を支援します。