地域の総合建設会社、全国対応のコンクリート補修補強専門会社

圧力調整注入工法

真空吸着型圧力調整注入工法 ・ ノズル型圧力調整注入工法

圧力調整注入工法(PAIM)は、注入技術・適応能力・経済効率に優れた画期的なコンクリートひび割れ注入工法です。この工法は、低圧から高圧まで注入圧力を調整することにより、有機系から無機系まで多様な補修材料を、ひび割れの深部から表面部まで的確に注入することを可能にしました。さらに、注入機を繰り返し使用するため廃棄物が発生しません。コンクリート表面から注入する真空吸着型圧力調整注入工法(TH-110002-A)とコンクリート内部から注入するノズル型圧力調整注入工法(TH-110003-A)の2種類があります。

Pressure Adjustment Injection Method


 ひび割れ表面より圧力を調整しながら補修材を注入するコンクリート補修技術(特許技術)
 真空吸着機能を有する注入機を用いてひび割れ表面からコンクリート補修材を注入するひび割れ補修工法です。
 この工法は、注入性能・適応能力・経済効率に優れた画期的なコンクリートひび割れ注入技術です。この技術は、接着養生が不要な注入技術であり、低圧から高圧まで注入圧力を調整できる、補修材(無機・有機)を選ばない、複数の材料を連続して注入できる等の特長があります。
 さらに、従来技術と比較し優れているのは、ひび割れの深部から表面部まで的確に注入することが可能であることと、注入機を繰り返し使用するため廃棄物が発生せず、環境負荷が低いことです。


 躯体内部より圧力を調整しながら補修材を注入するコンクリート補修技術(特許技術)
 この技術は、コンクリート躯体表面を穿孔して設けた注入孔に特殊なノズル型注入機を挿入し、固定させて躯体内部からコンクリート補修材を注入するひび割れ補修工法です。
 注入孔への脱着が容易、注入圧力が低圧から高圧まで調整可能、補修材を選ばない点に特長があります。
 このほか、補修目的に応じて多機能なノズルが選択可能(逆流防止機能の有無、異なるノズル径、ノズル長の組み合わせが自由)であることや健全化と補修を同時に行う連続注入が可能なことから、ひび割れ補修、浮き補修、漏水止水を行う技術として高い評価を得ています。